2011年02月23日

[食べてみた]東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」2011/01/19発売

東京メトロ 霞ケ関駅構内で販売している「カットりんご」を食べてみた。

[東京メトロ]東京メトロ駅構内に日本初のカットりんご自動販売機を設置!
〜青森産のりんごを東京へ直送 オフィスや公園で毎日りんごを〜(PDF:284KB)

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:梅ア 壽)と株式会社メトロコマース
(本社:東京都台東区 社長:野村 勝彦)及び青果物専門商社エム・ヴイ・エム商事株式会社
(本社:兵庫県神戸市 社長:石田希世士)では、東京メトロ丸ノ内線 霞ケ関駅構内に日本初となる
カットりんご専用の自動販売機を設置し、1月19日より販売いたします。

今回販売するカットりんごは「青果物のスイーツ」をコンセプトに、食べやすいサイズにカットされた商品です。
駅構内の自動販売機で手軽に購入できるので、オフィスでの朝食代わりやランチ後のデザート、
3時のおやつ、公園散策のお供など幅広いシチュエーションでお召し上がりいただけます。(抜粋)


先日、2011/2/2に開催された全国商店街交流フェア@アキバ・スクエアの帰りに霞ケ関へ寄り道しつつ買いに行きました。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

「丸の内線」側の改札口、日比谷公園方面に向かいます。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

発見!
「B1a」出口のすぐそばです。
(改札からは柱の裏になります)

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

正面から。
全部「りんご」です!!

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

「皮付き」と「皮無し」の2つから選びます。
価格はどちらも190円。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

「ガゴン!」
皮付きの方を買いました。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

流石に買ったその場で食べることはできなかったので、
自宅までお持ち帰り。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

先ほどのPDFでは、賞味期限は11日間とありました。

購入した日は、2/2だったのであと6日間というところ。
まぁ、買ってすぐ食べるという想定のもとでしょう。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

「ビタミンC」は、酸化防止のため。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

要冷蔵。
暖房の効いた車内で長時間乗って持ち帰る場合は注意ですかね。
(´-`).o0(ちょっと変色している感じはあったような)

20110223_apple10.jpg東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

栄養成分表。

東京メトロ 霞ケ関駅構内「カットりんご専用自動販売機」

写真でわかるでしょうか?
真ん中の部分にはちゃんと蜜があっておいしかったです。

ただ、カットしてあるとはいえ、半分の大きさで190円。
しかも、りんご1個分と見ると、それほど大きくないりんごですね。
(勝手な憶測ですが、おそらくそういう規格外なりんごを使っているのでは?)

帰宅途中に寄ったスーパーで、岩手県産の「ふじ」(大きさはこちらの方が大きい)
が、1個98円で売っているのを見てしまうとコストパフォーマンス的にも
「うーん」と考えてしまいますね。

一人暮らしで「りんごを切って食べるのは億劫。でもりんごを食べたい!」
というニーズには十分応えていると思います。
 
 
posted by 名ばかり経営指導員 a.k.a. @ka_shidoin(経営指導員) at 17:33| Comment(0) | 食べてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。