2011年02月13日

[行ってみた]「CP+」シーピープラス@パシフィコ横浜(2011/2/12)

cp+ 入り口

2011/2/9〜2/12までパシフィコ横浜にて開催した、
カメラと写真の総合展示会「CP+」シーピープラスに行ってみた。

[CP+]CP+開催概要
CP+(シーピープラス)は、国内外の写真映像に関わる企業が集まり、
カメラ・レンズをはじめフォトプリンター、フォトアクセサリー、望遠鏡、その他
写真関連機材など、多岐に渡る写真映像関連商品や最新技術を紹介する場であり、
“撮る・見る・つながる”をキーワードに、あらゆるセミナーやイベントを通して
より楽しく豊かなフォトライフを提案する、カメラと写真映像の情報発信イベントです。

2回目に当たる今回は“ワールドプレミア ここからはじまるフォトイメージング”と
テーマを掲げ、より国際的に、カメラおよび写真映像文化の最先端の情報を発信していきます。

---

入り口を入ってすぐ、右手にあったソニーのブースが目を引きました。

CP+ ソニーブース

ヴァートランプ(ハーフパイプ)だ!

BMXが左右に動きつつ、技をメイクする瞬間を撮るという演出で、
動きに強いところをアピール。

派手な技はありませんでしたが、普通に見とれてました(w

CP+ シグマブース

レンズメーカーのシグマのブース。
ミサイルが撃てそうです!!

で、今回、お世話(?)になったのが…

CP+ DNPフォトルシオ

DNPフォトルシオさん
事前にCP+に行ってた人から「データを持って行けばフォトアルバム作ってくれる」
という情報を得ていたので、Eye-Fi(SD)カードを持って行きました。

が、何とEye-Fiカードが端末で読めず!
Eye-Fiジャパンのブースもあったので文句を言いに…は行きませんでしたが、
次の日も横浜に行く予定があったので、
「明日、来てもらえれば並ばずできるように対応する」と言ってもらった。

- 翌日 -

作ったアルバムは、家族写真ばかりなので晒せないですが、なかなかのクオリティ。
作りながら話を聞いたところ…
・端末は海外のメーカー。
・日本で輸入しているのは2社。
・横浜だと、ヨドバシカメラやビックカメラにある。
 →DNPフォトルシオのホームページで端末のある所が調べられます。神奈川には10ヶ所。

作成後のアンケートで、「いくらぐらいか?」という問いに、
1,500円と答えたところ、10ページで1,400円とのことだった(ニアピン

紙質がしっかりしている故に、角が尖っているのが気になると感想を書いた。
それを差し引いてもこのフォトアルバムは「アリ」ですね。

---

その他のブースでも製品紹介やミニセミナーなどをやっていて、
セミプロのような方はもちろん、自分のようなブログにちょっと写真を
載せる程度の人でも十分楽しめるイベントだった。
来年も開催されるようなので、また是非行きたい。

おまけ。
DNPフォトルシオのブースにいたコンパニオンさん。

20110213_cp05.jpg

20110213_cp06.jpg
 
 
posted by 名ばかり経営指導員 a.k.a. @ka_shidoin(経営指導員) at 13:48| Comment(0) | 行ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

[行ってみた]akiba:F献血ルーム(大レゴ展 〜東大LEGO 部の作品〜)

[行ってみた]全国商店街交流フェア@アキバ・スクエア(2011/02/02)
の前段にakiba:F献血ルームで献血しつつ「大レゴ展〜東大LEGO 部の作品〜」を見て来た。

※作品の写真撮影については、スタッフの方に確認し、
 「フラッシュを使わない撮影なら可」ということでした。

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部

[akiba:F献血ルーム]展示第6弾☆「大レゴ展 〜東大LEGO 部の作品〜」
(開催期間:H23年1月13日〜4月13日予定)
東京大学LEGO 部のご協力のもと、その素晴らしい作品群を
akiba:F で展示します!

「東大赤門」や「ピカチュウ「モンハン」「東方」
さらには最近話題の「スカイツリー」まで・・!
その他にもたくさんの作品を展示予定です☆

ご来場者の方々を童心に返らせて和ませると同時に、
その作品のレベルの高さで驚きと
感動をもたらすことが出来るものと思います。
akiba:Fでレゴの世界を楽しんでください(^ω^)ノシ


akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 東大赤門

どどーん!!
これは凄いです!
以下、抜粋して写真を。

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 東京駅?

「東京駅」っぽい駅。

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 スライム

こんぼうで倒せ!
「スライム(ドラゴンクエスト)」

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 メーテル

「メーテル(銀河鉄道999)」

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 東京タワーとスカイツリー

「東京タワー」と「スカイツリー」

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 初音ミク

アキバらしいところで「初音ミク」

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 献血車

「献血車」

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 献血車内

アップにして「献血車内」

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 坂本龍馬

「坂本龍馬」
デジカメの顔認識がちゃんとキャッチしました(w

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 坂本龍馬アップ

寄ってみました。

akiba:F献血ルーム 大レゴ展 東大LEGO部 浅田真央

「浅田真央」

その他作品リストは、東大レゴ部のブログにて。

[東大レゴ部]【紹介】akiba:F展示作品リスト

---

肝心の献血について(w
・献血ベッドにiPod touchがあった。
・問診がやたら丁寧。
 →いつも行っている所は、ご年配の先生ですが、若かった。
・看護士さんが優しかった。
 →献血する時は、片手で本を読みながらするのですが、
  タオルを丸めて、その手を置けるようにしてくれました。

アキバにお寄りの際は、是非献血も!
 
 
posted by 名ばかり経営指導員 a.k.a. @ka_shidoin(経営指導員) at 09:47| Comment(0) | 行ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

[行ってみた]全国商店街交流フェア@アキバ・スクエア(2011/02/02)

株式会社 全国商店街支援センターが主催する全国商店街交流フェアに行ってみた。

※場内の写真撮影については、当日、スタッフの方に確認し、
 「メインステージでのイベント開催中以外は撮影可」ということでした。

---

勉強不足にも程があるのですが、「株式会社全国商店街支援センター」は、
全国商工会連合会・日本商工会議所・全国中小企業団体中央会・
全国商店街振興組合連合会の4団体が共同設立した株式会社だったんですね。
知りませんでした。

会場のアキバ・スクエアは、秋葉原駅・電気街口から出てすぐの建物です。
(´-`).o0(なかなかいいお値段ですね<施設利用料)

すぐ近くにはガンダムカフェがありました。(おみやげだけ買いに行きました)

全国商店街交流フェア 案内

迷いようのない立地ですが、ちゃんと案内板が出てました。

全国商店街交流フェア 電光掲示板

柱にある電光掲示板が格好いい!
文字が流れるような演出がされていました。

全国商店街交流フェア 外からガラス越し

ガラス張りで外から会場が見られます。

事前登録して届いていたハガキを受付に出すと、
「行政関係」というネックストラップ(名札)をいただきました。

全国商店街交流フェア ブース

場内では11の商店街等と「日本卸売協会」、「(株)全国商店街支援センター」のブースが出ておりました。

特に注目していたのは、同業(!)の韮崎市商工会

[韮崎市商工会ブログ]あしたから実践できる。キラリ輝く繁盛店づくり!!個店経営研修今年も実施!!
...という事業で、ブースにいた商工会の担当の方に
「参加意欲がある商店の方がどれくらいいたか?」と質問させていただきました。

やはり、意欲があるのは2代目など40代の方が中心とのことでした。
最初は少ない人数からはじめ、その人達が成功体験を重ね、
インフルエンサー(影響力を与える人)になってもらう。

…商業担当になってから、こういう支援方法がいいのかな?
と、感じていたことが、お話を通じて繋がった気がしました。

---

全国商店街交流フェア メインステージ

今回参加した最大の目的は、小阪裕司 氏の基調講演。
ご本人も言っていたが、50分という短い時間ではあったが、商業支援のヒントは見つけることができた。

講演の内容は、読んだことのある「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解くの内容が中心だった。
(´-`).o0(経営指導員ビジネス書ブックレビューには書いてなかった…)

強く印象に残った話は、後半にあった話で、
最近のキーワードで「絆」について、絆をつくるにはどうしたらいいか?という内容。
そのツールとして、ブログやTwitterは、有益だなと改めて感じました。

---

あらかわ a.k.a. @ka_shidoin(ケィエー指導員)が今、読んでいる本が、
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
小阪氏がどのように話をするか注目してみました。

演台に備え付けのマイクがありましたが、それを使わずにハンドマイクを手にし、
演台からではなく、演台の下手側に出て話すというスタイルでした。

スティーブ・ジョブスも演台に立って話すということはしないそうです。
理由は、姿勢を常に開き、自分と聴衆の間に壁を作らないとのことです。

スライド(パワーポイント)もジョブスほどではないですが、
シンプルで、ありがちな「箇条書きだらけ」ということはありませんでした。

---

…以上、簡単ではありますが、全国商店街交流フェアのレポートでした。
来年度も開催されれば是非、参加したいと思います。
(´-`).o0(確定申告時期は避けてほしいです(w )
 
 
posted by 名ばかり経営指導員 a.k.a. @ka_shidoin(経営指導員) at 23:02| Comment(0) | 行ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

[行ってみた]時間制居酒屋「おだいどこ酒場 関内店」

先日、Twitterにて「安価に飲みたい!」というツイートがあったので…

[Business Media 誠]飲み食べ放題15分375円! 噂の居酒屋に行ってきた
不況の裏返しで最近急増しているのが格安居酒屋。
ついには「15分375円」という究極の激安タイムサービスを提供する居酒屋まで登場した。
この価格で飲み食べ放題というのだが、一体どんな店なのか?

横浜・関内にある「おだいどこ酒場」は、全国に30店舗を展開する居酒屋チェーン
「おだいどこ」の1店舗として営業していたが、
先月12日、他店にはない「15分375円」の新サービスを打ち出してリニューアルオープンした。(抜粋)


…を紹介したところ、「一緒に行きましょう」という話になり男性3名で行って来た。

---

[行ってみた]時間制居酒屋「おだいどこ酒場 関内店」

その日は平日の20:00に入店したが席は満席。
待ち時間を計算してもらっている所で丁度席を立ったお客さんがいたため、
テーブルを掃除する時間だけ待てば座れることになった。

レジでは設定時間を7分を過ぎていたらしく、
「大目に見てくれないの?」とやりとしていたお客さん。
15分単位なので、7分といえども既に半分近く経過している。

---

まずはレジにてこのお店のシステムを説明してくれる。
基本的には15分375円だが、2時間パック、3時間パックがあると説明。
正に漫画喫茶(ネットカフェ)のような料金体系。

そして、季節モノとして「モツ鍋」も食べ放題で
提供しているというのでオーダーする。
これは後で気づいたが、店側の作戦であることが分かった(w

---

席についた後は、再び飲食物の取り方などの説明。
(これは、おそらく最初の来店時のみの模様)
これが済んだ後、自分を含む3名が一斉にドリンクとフードを取りに散る(笑

フードを乗せるお皿は、最近ビュッフェ方式のお店でよくみられる
正方形で9つに分かれたお皿と小鉢(白・黒)のみ。
飲み物のグラスも2種類(小ジョッキと焼酎グラス)と必要最低限に絞り込まれている。

セルフでお皿をさげるところは、残飯を入れるゴミ箱があり、
みんな奇麗に捨ててからお皿を返却している。
この辺は日本人だからこその光景だろうか?
グラスをいれるトレーはそのまま食洗機に入れるのであろう。

フードは30種類程度あった。
温めてはあるが、できたてのアツアツというほどではない。

店の規模と比べるとホールの人数はそれほど多く無い。
全員が無線機をつけて細かくやりとりをしているようだ。

お客さんは場所柄スーツ姿のサラリーマンが多かったが、
中には男性1人や女性2人組のテーブルもあった。

---

席についてから10分程度しただろうか?
最初にオーダーしていたモツ鍋がテーブルに届く。

カセットコンロに火が付くと、その様子を見たりするため目と手が止まる。
鍋が届いた時点で既に、頼んでいない「シメ」のご飯もセットで付いて来た。
なるほど、鍋はお店の滞在時間を長くする効果をもたらしそうだ。
2人前と言われていたが、その質と量は…

---

前述のとおり3人での飲食だったが、飲み物や食べ物を食べるペースが違うので、
お腹が落ち着くまでは、席を立ったり座ったりで忙しない(w

店員さんが随時運んでくれる、2時間3,000円程度の飲み放題の宴会コースを取るか
このようなセルフ方式の飲み食べ放題をとるか。
これはどちらがいいか?ではなく、その飲み会の目的に合わせて
チョイスすれば良いと考えるとその選択肢が増えたという意味でもおもしろいお店だと思う。
「本当に今日は1杯だけ飲んで帰る!」という日は、ベストのお店だろう(w
 
 

posted by 名ばかり経営指導員 a.k.a. @ka_shidoin(経営指導員) at 14:30| Comment(0) | 行ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。